読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイクリストが気軽にダイエットするためにはトクホパウダー「難消化性デキストリン」を使うべし!

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)400g(微顆粒品)【ヘルシーカンパニー】

 

ロードバイク乗りとして、どうしても抑えておきたい体重。

ハンガーノックにならないためについつい食べ過ぎてしまったり、どうせロード乗るからいいや、と思って食べてしまって結局乗らなかったり。

小さな積み重ねによってじわじわと体重が増えてしまう。

冬の間は特に危険だ。

体が寒さに耐えるために脂肪を蓄えようとする。

炭水化物を避けてみたり、食べる順番ダイエットをしてみたり、いろいろと手を施してもついつい体重は増えがちだ。

また年末年始の飲み会が重なり、ハイカロリー食を毎週食べてしまうということもあっただろう。

 

ダイエットはしたいものの、極端な食事制限はしたくない。

気軽に体重が減ればいいのに。

そう思って、トクホ系ドリンクを飲む方もいるかもしれない。

メッツコーラを普段から飲んでるという知り合いもいる。

しかしコストは少々かさんでしまう。

 

そんなとき、オススメなのが難消化性デキストリンパウダーだ!

 

これは何かというと、トクホ製品がトクホたる所以である成分そのものである。

難消化性デキストリンには、

・おなかの調子をととのえる作用

・食後血糖の上昇をゆるやかにする作用

・食後中性脂肪の上昇をゆるやかにする作用

・内臓脂肪の蓄積を低減する作用

・血中の中性脂肪コレステロールの低減作用

・ミネラルの吸収促進作用

があるようだ。

(出典:難消化性デキストリンってなに? | 希少糖レアシュガースウィート公式通販サイト マツタニ&レアスウィート online shop)

難消化性デキストリンはデンプンから繊維成分を取り出したもので、コメやパンなどの炭水化物を食べた時、体に吸収されるのをゆるやかにする働きがある。

 

人間の体は急に血糖値が上がると、膵臓のランゲルハンス島からインスリンが分泌され、血中の糖を細胞内に取り込み、血糖値を下げようとする。

インスリンが出ると、脂肪細胞の脂肪を蓄える働きが促進されるし、脂肪を分解する働きが弱まる。結果、体に脂肪を貯めこんでしまい、太る。

しかし、難消化性デキストリンを飲むことにより、血糖値の上昇がゆるやかになり、インスリンの分泌で血糖値が下がる前に消費される糖分の量が増えることになる。

結果、蓄えられる脂肪の量が減ってくる、というわけだ。

 

運動時には汗をかき、ミネラルを失ってしまうが、そのミネラル吸収を促進してくれるはたらきもある。

至れり尽くせりだ。

 

飲んでみた感じとしては、ほぼ無味無臭で、特に気にすることなく飲める。

大量に飲むとお腹を下すようなので、少しずつ増量していくのがよいとのことだ。

自分は1日5g程度飲んでいる。

飲んでみた体感としては1週間程度飲むと、お腹が空きにくくなる感じがある。

なんだかすっきりはしないが、お腹すいてないしあんまり食べなくていいや、という気分になるので自然に食べる量を減らすことができる。

そんなに急激に体重は減っていくものでもないので、1ヶ月くらい様子をみてみたのだが、いまのところガツンと減ったというよりは体重が増えなくなった、という感じがある。

飲み会の後などに体重計に乗ってもそんなに増えてない。

飲む前はよくショックを受けていたものだが。

おそらくもう少しきちんと管理すれば体重も減ってくるに違いない。

ただ飲むだけで体重が増えにくくなっただけでも万々歳だ。

 -------------------------

追記:2016.2.20

継続して飲み続けたところ、上下変動はあるものの減少傾向がみてとれる。

特に変わったことはしておらずいつも通りの練習のまま、難消化性デキストリンを飲んでいるだけ。

やっぱり効く気がする。 

f:id:bikephotoaudio:20160402183603p:plain

-------------------------

トクホ製品より、トクホパウダーのほうが圧倒的に安い。

この製品なら400gあたり¥864なので、¥2.16/gだ。

メッツコーラ の場合、1ボトルに5g含まれ、値段はAmazonで¥115なので、¥23/gとなる。

メッツコーラ だと10倍も出して同じ量の難消化性デキストリンしか摂取できない。

そう考えると粉を買うほうがいいだろう。

 

冬の間、じわじわ脂肪を蓄えてしまわないために、難消化性デキストリンパウダー

また、ダイエットするときの食事量を減らすためのアシストとして。

導入してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク