Stravaのライブセグメント機能を無料でGARMINに取り込む方法

GARMIN(ガーミン) Edge520J 136807

スポーツの秋ですね。

夏ほど体がオーバーヒートしなくなり、出力も安定してくる今日このごろ。

ちょうど一番体が仕上がってる時期なので、Stravaの区間でKOMを取りにいこうかと考えることかもしれない。

 

さて、どうやってセグメントの最速タイムを叩き出そうか。

区間をフルもがきすれば速く走れる、というわけでもない。

ほどよいペースが必要なのだ。

ただ、いかにそのペースを把握するかがポイントだ。

 

パワーメーターがある人なら、自分のFTPを考慮しそれよりプラス何ワット出すか考えて走るのもいいだろう。

 

ただ、区間で一位をとるのにもっと効果的な方法は、1位タイムの人の走りをトレースして、一番いいタイミングでぶち抜くことだ。

無理せずついていき、必要なところで必要なだけ頑張る。これがもっとも省エネで効率がいい。

それを叶えるのがGARMIN Edgeシリーズのバーチャルパートナー機能だ。

「garmin edge バーチャルパートナー」の画像検索結果

指定区間に近づいたら勝手に画面が切り替わり、バーチャルーパートナーとの競争が始まる。

その区間のKOMの記録の走りをバーチャルーパートナーとして走らせればいいのだ。

区間走行中はバーチャルーパートナーとのタイム差が表示される。

それを見ながら走ることでほどよい頑張りでKOMを獲得するのだ。

 

そこで、STRAVAの区間GARMINに取り込む方法を紹介する。

 

GARMINへの取り込み方◯

 

1. http://gniza.org/segments/ にアクセス

2. 画面情報のセグメント検索窓にgarminに入れたいStravaセグメントのURLをコピペしてSearch

3. 出てきたLeaderboardからバーチャルパートナーにしたい人を選択

4. 画面右側にGarminに入れたい記録だけ残してExport as FIT-Fileをクリック

5. GARMINをPCとUSBでつなぐ

6.ダウンロードされたFITファイルをGARMIN内のsegmentフォルダに入れる

7.走りに行く

 

慣れると簡単!

ちなみにgniza上でセグメントの名前を変更しても、自分のサイコン上でのセグメントの名前のみ変わる。strava上には影響なし。

なので県道xx号climbとかの名前をわかりやすい名前に変えてgarminにいれるべし。

 

ぶっちゃけstravaプレミアムに加入すればこんなことする必要はないみたい。

ただ、たかだか数区間のためにプレミアム加入するのもなあと。。

garmin connect上で新たに作るのも手間だしな、という方はこの方法が一番楽だと思われます。

 

さあKOM狩りじゃ!

 

GARMIN(ガーミン) Edge520J 136807
GARMIN(ガーミン)
売り上げランキング: 4,247

スポンサードリンク