Stravaを使って無料でパフォーマンス調整の管理ができるStravistiX

Strava

 Stravaをご存知だろうか。

Strava | アスリートのためのソーシャルネットワークでランニングやサイクリングを記録

 GPSつきサイクルコンピュータを持つ人なら必ず利用したほうがいい。

GARMINユーザーならご存知の方も多いだろう。

 

 

じつは、このStrava, プラグインを導入することで格段に機能が拡張する! 

StravistiXというプラグインだ!

 

本当にいろんなデータが急に見れるようになる!!

適当にStravistiXとGoogle検索してみてほしい。

いろんな機能が紹介されたブログ等が見つかるだろう。

自分のお気に入りは、あるsegmentで上位どのへんにいるかがわかる機能だ。

Zwiftやってて、世界中の自転車乗りの中でどのくらいの順位なのだろう、というのがわかるようになる。

また、人気区間で上位5%とかにいたら嬉しいとかもある笑

f:id:bikephotoaudio:20180125152018p:plain

こんな感じで表示される。

タイムの右側にRank, KOMとのタイム差、PRとのタイム差、などが表示されるようになる。

 

-------------------------

さて、今回紹介したいのが、Multisports Fitness Trendというものだ。

f:id:bikephotoaudio:20180125152518p:plain

Stravistixをインストールすると、Stravaをパソコンで開いたときに、左上にオレンジの三本線が表示されるようになる。

そこをクリックすると多数のメニューが表示される。

いちばん上のMultisports Fitness Trendを開いてみよう。

 f:id:bikephotoaudio:20180125231109p:plain

そうすると、謎のギザギザが表示されるだろう。

バニスターの刺激-反応モデルというものを利用しているグラフだ。

 

Fitness:自分の鍛えられ具合 

Fatigue:自分の疲労具合

Form:自分の現在のコンディション

Zone: 現在の状態

とみなすことができる。

Formの数字とZoneに関しては、

  • +25 < Form : Transition zone 病気や長期休養中など。
  • +5 < Form < +25 : Freshness Zone レースの準備完了!
  • -10 < Form < +5 : Neutral Zone. 回復の週や休息中。
  • -30 < Form < -10 : Optimal Training Zone トレーニングに最適な負荷
  • Form < -30 : Over Load Zone. オーバートレーニング。休むべき。

とのこと。

 

パワーメーター使用者なら、

Fitness:CTL (長期トレーニング負荷)

Fatigue :ATL(短期トレーニング負荷)

Form:TSB(トレーニングストレスバランス)

と、読み替えることもできる。

 

CTLは、主として過去42日間のトレーニングの効用を示す。トレーニングがパフォーマンスに及ぼすプラス効果である。

トレーニングで鍛えられる体力的なものと考えれば良い。

 

ATLは、主として過去7日間のトレーニングの効用を示す。トレーニングがパフォーマンスに及ぼすマイナス効果である。

トレーニングしてたまる疲労だと考えれば良い。

TSBは、どのくらい元気か、どのくらいトレーニングの負荷に適合してるか、を示す指標である。

 

レース当日はTSBが-5 ~ +15あたりで一番パフォーマンスがあがるようだ。

なので、大事な練習やレース前はFormを -5 ~ +15に留めるべし!

ほうっておけばFatigueは急激に下がり、Fitnessはゆるやかに下がる。

何も練習をしなかった場合の予測カーブが点線で表示されている。

 

ATLやCTLの細かい説明や、Multisports Fitness Trendの詳細な活用方法は、

パワートレーニングバイブルに沢山紹介されている。

第8章 パフォーマンスの調整方法を読まれたし。 

パワー・トレーニング・バイブル
ハンター・アレン アンドリュー・コーガン
OVERLANDER
売り上げランキング: 7,232

 

 

 -------------------------

 

想像して欲しい。

レース前1週間ごろ。

いつから完全休養にすべきか、それとももうちょっと乗っとくべきか。。

レースのことを思うと乗ったほうがいいようにも感じるし、それで疲れがたまってしまっても意味がないし。。

 

しかしStravistiXを使うとそういった心配から払拭される!!

レースが近づくにつれ、Multisports Fitness Trendの数字を参考にすることで、もう少し連絡すべきか、軽めに練習すべきか、はたまた完全休養にすべきかを考えることができる!

 

また、トレーニングシーズンはオーバートレーニングになりすぎたり、逆に休み過ぎたりしてないかをチェックすることができる。

 

普段はFormの数字をややマイナスになるレベルでコントロールし、レース前は休んで+10付近を目指して疲労を抜く。

 

数字でわかるってすばらしい!!

------------------------------

 

同じような機能がTraining Peaksで使えるようだ。

しかし、それがStravisitixなら無料!!!

これは使うしかない!

 

 ※ただし、心拍でデータを出しているので、ハートレートモニターは準備しましょう。

心拍計つけずにライドしてもグラフに反映されません。

 

パソコンでGoogle Chromeを使っていれば無料で使えるという最高のツールだ。

-------------------------

使用方法:

こちらからアドオンをいれる(Google Chrome)

 https://chrome.google.com/webstore/detail/stravistix-for-strava/dhiaggccakkgdfcadnklkbljcgicpckn 

 

Operaでも使えるみたい。

 https://addons.opera.com/fr/extensions/details/stravistix-for-strava/

 

SafariFirefox等では使えないみたい。

まあこれを使うためだけにChromeいれてもいいんじゃないかな。

 

パソコンと心拍図れるGPSコンピュータとSTRAVAアカウントがあればコンディショニングまでできてしまう。

StravistiXおすすめですよ!

 

 

 

スポンサードリンク